立体的

2013年08月17日



立体的



新しいものを作るとき、必ず型紙をおこすわけですが、

いくら型紙をきっちり作っても、実際に革を裁断し立体的にしていくと数mm単位の歪みが出てしまいます

ヌメ革は、同じ1頭の革でも伸びにくい部分と伸びやすい部分があり
そういったものを考慮した上でパーツ取りをしても歪みが生じてしまうときは
実際に組み立てながら調整していきます。

特にこういったラウンドファスナーウォレットの内装パーツの場合、
きっちり仕立ているかどうかで出来上がりにとても影響していきます。



GENUINE LEATHER WORKS R3factory





同じカテゴリー(制作風景)の記事画像
FERIOのスライダー交換
@
@
@
@
@
同じカテゴリー(制作風景)の記事
 FERIOのスライダー交換 (2020-10-13 12:14)
 @ (2020-08-07 13:17)
 @ (2020-06-21 14:18)
 @ (2020-06-09 11:57)
  (2020-04-30 14:45)
 @ (2020-02-22 14:57)

Posted by plusonehotaru at 19:08 │制作風景